ロゴ

レースの基本

勝利のポイント

コース

予選順位

スペイングランプリでは、予選の順位が結果に大きく関わってきます。上位でスタートできれば、それだけ優勝の可能性が高まるのです。土曜日の予選にも注目しておきましょう。

ピットストップ

F1ではマシンの順位が入れ替わるのは、コース上だけではありません。ピットストップのタイミング次第で、順位を入れ替えることができるのです。また、ピットに入る回数も影響してきます。

天候の変化

大きく順位が入れ替わる要素として、天候の変化が挙げられます。レース中に雨が降ると、雨用のタイヤに交換する為にピットの入るのです。天候を読む力が、レースの勝敗を左右します。

レースの流れ

フリー走行

スペイングランプリでは、金曜日にフリー走行を2回行ないます。基本的に、マシンのセッティングなどを決めるための走行となるのです。各チーム、フリー走行で多くのデータを取れるように努力します。

フリー走行3回目

土曜日には、フリー走行3回目を行なった後に公式予選を行ないます。フリー走行3回目で良い感触を掴むことができれば、予選の順位も大きく上げることができるのです。重要な走行となります。

タイムアタック

フリー走行3回目が終わったら、公式予選を行ないます。タイムアタックはQ1からQ3に分けられて行なわれるのです。インターバルを挟みながら、タイムの遅いマシンが脱落していきます。

決勝レース

公式予選で決めた順位を元に、グリッドにマシンが並びます。シグナルのブラックアウトと同時に2時間近いレースが始まるのです。順位などが目まぐるしく変わるので、目が離せないでしょう。

表彰式

決勝レース終了後に表彰式を行ないます。上位3名のドライバーが表彰台に上がることができるのです。そして、表彰台では有名なシャンパンファイトを行ないます。ドライバーは喜びを爆発させるのです。

広告募集中